新緑
トップページ » 1.庭のこと

8月10日放送の『大改造 ‼ 劇的ビフォーアフター』の作庭をしました。

現場は、新潟県阿賀野市にある白鳥が飛来する有名な瓢湖(ひょうこ)。
改築前に使っていた安田瓦を使って、施主のおばあちゃんが喜ぶ庭というテーマ!

劇的ビフォーアフターの庭1
ここは冬になると白鳥でいっぱいになります。

8月10日放送の『大改造 ‼ 劇的ビフォーアフター』の作庭をしました。の続きを読む

by   at 16:46  | Permalink  | Trackbacks (0)

要請あればどこへでも!

先日、御依頼を頂き神奈川県川崎市登戸にあるお寺へ行ってきました。
スギ苔を一面に貼りたいのだが、上手くいかないとの相談です。
現場を確認して、スギ苔がはがれた部分にはその場所に適した苔を!
その他の部分には、苔の種を追い播きしました。

スギ苔や他の苔も環境にあう場所に貼らなければうまく育ちません。
樹木の下は、陽があたらず日蔭になる場所には、ハイ苔・カモジ苔の二種混合の苔を施工しました。苔を貼る事で樹木が引き立つように思えます。

要請あればどこへでも!の続きを読む

by   at 08:58  | Permalink  | Trackbacks (0)

庭のあれこれ 屋上庭園

屋上庭園で、問題点がいくつかあります。

土の厚さ、排水、風、あまりに大きい庭木は植えられない、重量的なこともあるので、大きい石も駄目となります。

ではどのようなもので緑化をするか。

今、考えているものは、一つに苔があります。

乾燥に強く雨水だけで育つ。そしてなによりも土がいらない。
苔庭ばどうでしょうか。

by   at 09:22  | Permalink  | Trackbacks (0)

庭のあれこれ 生け花

生け花は今現在、床の間のない家もあったり、ショールームに飾ったりと、だんだん大型になってきています。

鉄であったり、流木であったり日本古来の花でなく、外国からの花でないと、ボリューム的に合わなくなってきています。
造花にもなっているようです。

私も何年か生け花を習いに行きましたが、生け花をこんな風に活けると、周りの人に笑われるのではないかと、思いながら活けた花が、先へつながる生け花だったりしたものでした。

庭も同じように、これが庭なのかと、人に思われる方向へ行かなければいけないと思います。

by   at 09:15  | Permalink  | Trackbacks (0)

庭のあれこれ 店の庭

お店の庭は非常に楽しい。

酒も食事もとなると、夕方からのオープンの為、照明から壁の色がカラフルで落ち着いて、周りの雰囲気もありますが、庭は色が濃かったり、薄かったりと、店のコンセプトに応じて作らなければいけなくなるのですが、それはそれで、楽しいものです。

店の庭は、使ったことのない素材を、抵抗なく使うことができる為、自分の中で先に進む事の出来る仕事が店の庭のように思います。

イベントも同じで非現実的なところが楽しい。

by   at 09:08  | Permalink  | Trackbacks (0)

庭あれこれ 現代と未来

現代の庭と未来の庭を考える時に、何が現代か未来かは分からない。

けれども、自分としては店の庭(室内)とかイベントなど非現実的な庭作りをやりながら、自分の中の何かを探究しつづけなければならない。

決して、人から教わるものでもない。

あえて言うなら、人の作った庭を見ないように、これからは心がけていこうと思う。

by   at 09:02  | Permalink  | Trackbacks (0)

家元の茶庭の苔について

お茶を習っている方から、『苔庭のしたいのですが、スギ苔で大丈夫でしょうか?』とご相談されます。
その時に、家元の茶庭についてお話します。

家元の茶庭の苔は、スギ苔は殆どありません。

常緑樹主体の植栽の為、庭が暗く、毎日のように掃除をする為、苔を傷つけると同時に土を固くしてしまい、スギ苔が育ちにくいと思われます。

乾燥に強い、ハイ苔、ハネヒツジ苔、カモジ苔などをお勧めしております。

by   at 08:40  | Permalink  | Trackbacks (0)