新緑
トップページ » 3.景石・飛び石のこと » 飛石について

飛石について

飛石

飛石が敷かれだしたのは、安土桃山時代の茶庭からだと思われます。

飛石の大きさは、一足物、二足物と大きさはありますが、基本的に千鳥に打って、歩きやすく、打つ事です。

飛石を10個以上打ちますと歩きにくいので、延段や踏分石などを据え、下を見ずに歩ける工夫が必要です。

家元の茶庭を見ますと、歴史がありますので、その時代の家元の好みで飛石を打ちなおしています。

飛石は、その石の上に足を乗せ歩かなければいけない為、非常に神経を使う作業になります。

飛石の据え付け作業で注意しなければいけない事は、地面と飛石の高低差(ちり)を小さくする事ではないかと思います。
ちりが小さい事で、飛石から足を外して、怪我をしないようにスムーズに歩けるようにします。

飛石の石質は、地元で採れる御影石が一般的ですが、家元の茶庭を見ますと、鞍馬石、白川石、真黒石、本御影石などが入っています。

∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥

苔、苔の種の通販。屋上緑化、壁面緑化対策に苔が注目。
スギ苔、スナ苔、ハイ苔、カモジ苔、三種混合、二種混合など、
苔と苔の種を専門に取扱い中

'‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴

by   at 09:00
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません