新緑
トップページ » 2010年10月

ゆっくり緑に覆われていく、直径2mの巨大苔玉

巨大苔玉

巨大苔玉は、さいたまスーパーアリーナ行われた「日本園芸フェスティバル」出展作品です。
苔玉の芯は球状に編んだ竹で、中は空洞。
竹の上にメタルラス(スチール製の金属)を張り、樹脂を塗って、粉々にしたスナゴケをのりづけして制作しました。

よそで育ったコケを採ってきて張っても、きれいなのは2年程度。
ところが、育てたコケなら8年はもつ。
その場で芽を出したコケは生育環境になじんでいるから、強い。

張ったコケは張りたてが一番きれいですが、うちの巨大苔玉は逆です。
コケが芽を出して、苔玉がうっすら緑に覆われてくるのは、半年ほど経ってから。

この苔玉は、時間がたつほどよくなっていきます。それは庭と同じです。
ゆっくり時間をかけて苔むしていく苔玉は、侘寂を尊ぶ日本人の感性にも響きます。

コケを育てながら楽しむ苔玉、ぜひ挑戦してみませんか?

by   at 10:51  | Permalink  | Trackbacks (0)

吊り苔玉

lineup3.jpg

吊り苔玉は、明るい窓辺に置き、ときどき霧吹きで水をかける。
葉が伸びたら散髪。

苔が成長する過程を楽しんでみてはいかがでしょうか。


by   at 11:05  | Permalink  | Trackbacks (0)