新緑
トップページ » 2011年12月

苔の種からの庭への直接の栽培法の利点と欠点2

・苔の種のもっとも注目すべき利点は、苔庭のメンテナンスであると思います。
 誰でも苔を張ることはできますが、その後の管理が出来ない為、苔庭が悪くなることです。

・スギゴケに関して言えば、乾燥に非常に弱いことから、スギゴケを混ぜた2種混合で育てたほうが良いと思われます。スギゴケの仲間(ウマゴケ、オオスギゴケ、タチゴケ)などは、仮根が土の中へ伸びるという特徴がある為、注意が必要となります。

・GLから5~8cmに仮根束ができるので、そこまでスコップでとらないと次のスギゴケの芽が出てきません。

・湿度の高い土地柄のところは、仮根束が出来ず土の中の原子体で芽が出てきます。

・仮根束が出来るには、3~5年かかる為、その間に張った苔が悪くならないようスギゴケの芽数を増やし、スギゴケのコロニーが乾燥しないように撒き苔をする必要があります。

by   at 11:46  | Permalink  | Trackbacks (0)

苔の種からの庭への直接の栽培法の利点と欠点

<利点>
 ・安価で苔庭ができること
 ・種からの栽培であるため、丈夫な苔が育つ
 ・傷んだところへの管理

<欠点>
 ・遮光ネットを張らなくてはならないため、景観が悪い。
 ・ある程度の苔庭になるには6ヶ月~1年かかる為、根気が必要となる。

by   at 11:42  | Permalink  | Trackbacks (0)