新緑
トップページ » 5.渡部のひとり言 » 山口県萩市にて

山口県萩市にて

私事になりますが、先月上旬山口県まで行って参りました。
山口県は萩市にお邪魔したのですが、土塀の多さが非常に目に留まりました。
*
と言うのも、当社でお客様のお庭に何度かつくらせて頂いた事が大きな理由だと思います。

土塀作りには地方色が色濃く投影されます。

例えば海沿いの地域では土塀の骨格となる芯に破れてしまった漁網を使っていたり、焼き物が盛んな地域では割れて使い物にならなくなってしまった物を塀の骨格として積み上げたりと本当にさまざまなものを見る事が出来ます。

そんな沢山の顔を持つ土塀ですが、共通して言える事はその多くが廃材や使い道がないようなものに時土を塗って、時に土を積み重ねて、がらくたをただ捨てるではなく最後にもう一度使うと言う事です。

ただのがらくたでしかなかった物にもう一度、命を吹き込む。

だから土塀は美しい。僕は強くそう思ってなりません。
*
さて、前座が長くなってしまいましたが、今回お邪魔した山口県萩市では、本当にたくさんの土塀を見る事が出来ました。
*
山口県を含め山陰地方の土塀はろうそくの様なくびれた形をしているのが特徴で、朝鮮地方でよくみられる形です。
これは、朝鮮豊臣秀吉の時代に朝鮮出兵で毛利氏が朝鮮(現在の韓国)へ渡った際に様々な文化、技術を持ち帰った事が理由の一つであろうと考えられます。
奈良や京都では地面に対して垂直または上に行くにつれて緩やかに後ろのめりになっている場合が多いのに比べ、非常に特徴的でした。
今回も様々な刺激を受ける事が出来たのは、大変幸せな事だと思います。

では最後に今回のまとめになりますが、あくまでも萩市のこの土塀を新潟で真似する事は出来ません。地域色が色濃く反映されると言う事は、裏を返せばそれがその地域に最も合った形であり、完成系と言ってもいいでしょう。
だからこそ、その地方ごとの文化を一つの手段として庭や塀、垣根を通して読み解き、それを体現する事が出来ればと思います。
今回も大変多くの事を学ぶことが出来ました。ありがとうございました!

∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥∵‥..‥

苔、苔の種の通販。屋上緑化、壁面緑化対策に苔が注目。
スギ苔、スナ苔、ハイ苔、カモジ苔、三種混合、二種混合など、
苔と苔の種を専門に取扱い中

'‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴‥''‥∴

by   at 10:32
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

トラックバックはありません